Whatever will be, will be

シドニー生活あれこれと備忘録。 

自力のパートナービザ申請 健康診断

パートナービザの申請書類の中に、健康診断を受けなければなりません。

パートナービサのブックレットでも、できるなら健康診断をビザ申請の前に受けてくださいね。的な内容の記載があったかと思います。

 

しかーし。結論から言いますと、健康診断は、パートナービザを申請後、移民局から受けてね。っと言われてはじめて受けたほうがよいです。

 

というのは、パートナービザの審査してもらうまでに、1年以上かかると言われています。健康診断結果の有効期間は、健康診断を受けてから1年です。

つまり、申請時に出した結果の有効期限が切れてしまう恐れがあるんです。

ですので、健康診断は、「受けてね。」っという連絡があってからが賢明でございます。

私の友だちは、ビザの審査の時に、最初の健康診断結果が1年以上前の結果だったため、二回受けるハメになってしまったそうです。。。

 

さて、健康診断を受けるには、

(ImmiAccount経由でビザ申請をされた方の場合)

①申請したビザのApplicationのページの左エリアに、Health なんちゃらという項目があると思います(もう私のアカウントでは画面が見れません。。)ので、それをクリック。※添付書類をアップロードするところのすぐ下

 

②画面を進めると、問診リストがあり、いくつか質問が書かれているので内容に沿って、YesまたはNoを選択。

 

③問診チェックが終わると、Refferral letterが発行されますので、それをプリントアウト。2枚あると思います。

1枚目>>右上にHAP IDのバーコードがついたもの。

2枚目>>受ける必要のある健康診断の種類。

私は①501 Medical Examination ②502 Chest X-ray Examination ③HIV test 

 

ちなみに、私は学生ビザ申請時に、②の胸部X線検査を受けており、このRefferral letter上は、「Status = Completed」になっていましたが、1年以上も前の結果だったので、念のためこれも受けることにしました。

 

④指定の検査病院の予約をオンライン上でする。

※電話でも予約できます。

 

シドニーに住んでいる私は、WynyardにあるBupaのVisa専用の健康診断施設を予約しました。

このオンライン上で、健康診断費用の支払い処理を行います。(ちなみに350ドルぐらいでした。。)

 

 このオンライン予約画面で、緑色になっている日が予約可能な時間がある日で、日にちをクリックすると、予約可能な時間が緑色になってます。

しかーーし、これなんとも不思議で、夜遅くに見ると、全部灰色で予約可能日時が出てきません。。しかーーーし、午前中見ると、出てくるんです!!!!摩訶不思議!!

 

予約が完了すると、健康診断の当日に、持ってこないといけないものをメールで送ってくれます。

 

⑤予約の当日、健康診断施設に行く。

ちなみに、診断は非常にプロセスがスムーズにいく流れで迷うことも戸惑うこともありません。言われるがままで、ことは進みます。

 

⑥健康診断が終了すると、Bupaから診断終了のお知らせがメールできます。

結果は、Bupaが移民局へ結果を提出してくれるので、自分で提出する必要は全くありません。

 

HIV検査の結果に5日間ぐらいかかるといわれましたが、実際は3日も経たないうちに、移民局へ結果が通知されていました。

 

健康診断の予約をする際に、「言語サポート必要ですか?」と選択できるのですが、

身体のことだし、単語が分からないかも。。という不安もあり、日本語サポートを選んで予約したのですが、そんなもん一切なかったです。。。

でも大丈夫!英語に不安がある私でも、なんとかできました!!!