Whatever will be, will be

シドニー生活あれこれと備忘録。 

自力のパートナービザ申請 事前準備編 Supporting witnesses/ Form 888

パートナービザをLodgeした後に、提出書類がいくつかあるうちの中で、二人の関係が本物で、それが継続しているということを証明してくれる人が必要になります。

 

方法は、「Form888」のフォーム(PDF)に必要内容を記入し、ImmiAccount上でアップロードします。

指定のフォーム(Form 888: Statutory declaration by a supporting witness in relation to a Partner or Prospective Marriage visa application)

 

2016年度のブックレット上は、2人分出してね。と記載があったと思うのですが私は6人に記載してもらい提出しました。

 

というのは、、、

数年前に、オージーとDe factoでパートナービザを申請したコロンビア人の知り合いは審査が難航し、たくさんの人にForm888を書いてもらい、「結果的に、このForm888で2人の関係性を証明してくれる人の数が、審査が通った要因の1つだ。」ぐらいのことを言っていたと聞きました。

なので私は、3人のオーストラリア人、オーストラリアの永住権を持つマレーシア人1人、オーストラリアの永住権を持つ日本人2人に、合計6名に頼んで書いてもらいました。

しかも、噂によると、お医者さん、弁護士、看護婦さん、アカウンタント、学校の先生、といったような堅めの職業、また会社でのポジションでその信頼性が違うらしい。という噂を聞いたので(※あくまでも噂です。。都市伝説レベルの噂です。)

6名のうち2名はアカウンタントのお友だちに頼みました。

 

提出物としては、

①それぞれのForm888 + Justice of the Peace等の特別な資格を持つ方のサイン

②それぞれのID証明(パスポート)のコピー(Certified コピーしてもらったもの)

これを1人、1セットでPDF化して、ImmiAccount上でアップロードしました。

 

Form888は、ビザ申請のLodge後に提出しますが、申請時に記入しないといけない【Form47SP】で「Supporting witnesses」の情報の記載が必要になります(Form888を書いてくれる方と合わせました)ので、事前に依頼したい方にお願いしておくとよいと思いまーーす。

 

フォーム自体の提出は、Lodge後になるので、実際の審査までに出しても問題無いと思います。私も、6人中5人は、2016年4月に出したのですが、残りの1人は、2017年2月に出しました。。。でも、大丈夫でした!!!(ギリギリやん。。